Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

Movie

ダークシャドウ

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

ジョニー・デップ主演の「ダークシャドウ」を観てきた。
ホラーのようなコメディのような、半々の映画。
見ていて飽きはしなかったが、若干奇抜すぎて無理があるようなストーリーはいまいちの感がw
その中でも、キャロリン役のクロエ・モレッツが光っていたw
弱冠15歳であの演技、すっかりトリコになってしまった。
最後の設定はどうかと思うが・・・・・・
一度クロエ”グレース”モレッツをご覧あれ。


解説:
本作『ダーク・シャドウ』でジョニー・デップが演じるのは、初めてのヴァンパイア。もちろん、デップ&バートンが仕掛けるからには、普通のヴァンパイアのわけがない。
1、愛人魔女をフッて、ヴァンパイアにされた
2、200年ぶりに甦ったので、時代の流れについていけない
3、髪型がちょっとおかしい
4、サングラスと日傘があれば、太陽光もへっちゃら
5、そして、家族思い

これまでのヴァンパイア像を軽々と飛び越えて、海賊やお菓子屋や帽子屋に勝るとも劣らない最高に魅力的なキャラクターが、またひとりここに誕生する!

時は1972年。200年の眠りから目を覚まし、ヴァンパイアとして子孫の前に現われたバーナバス・コリンズ。かつては繁栄を誇った名家にもかかわらず、今は見る影もなく没落してしまった末裔と出会い、バーナバスは一家の復興を心に誓う。しかし、200年のあいだに世の中はすっかり様変わり。バーナバスは何をやってもズレまくり、何を言ってもスレ違う。そのおかしな言動のせいでコリンズ家に巻き起こる珍騒動。それでも、彼の家族愛は止まらない! 果たして家族思いのヴァンパイアは、魔女の手から家族を守り、没落した一族の繁栄を取り戻せるのか?

共演は、200年前からの因縁を持つ美女に『007/カジノ・ロワイヤル』のエヴァ・グリーン、コリンズ家の現当主に『ニューイヤーズ・イブ』のミシェル・ファイファー、一家と同居する医師に『アリス・イン・ワンダーランド』のヘレナ・ボナム=カーターと、ひと癖もふた癖もある実力派の女優が顔を揃えた。さらに、コリンズ家のひねくれ気味の長女を演じるのは、現在、赤丸人気急上昇中のクロエ・モレッツ。彼女が抱える、とんでもない秘密にも注目だ!

キャスト:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター(『アリス・イン・ワンダーランド』)/ミシェル・ファイファー(『ニューイヤーズ・イブ』)/エヴァ・グリーン(『007/カジノ・ロワイヤル』)/クロエ・モレッツ(『キック・アス』『(500)日のサマー』)ほか監督:ティム・バートン


クロエ・グレース・モレッツ(Chloë Grace Moretz, 1997年2月10日)
こっちもw

  • 2012.06.13 Wednesday
  • 21:40

Comment
ぶんちゃんおばんどす
ぶんちゃんって本当に映画好きなんだね(失敬w)
子供達の付き添い(引率?)でドラえもんやポケモン見に映画館行ってる程度で自分ではホント行かなくなったねぇ。
自分のための映画館で最後はZガンダムかな。
アニメじゃなければ、記憶が正しければシンドラーのリストだと思われます(古ッw)
  • ゆっきー
  • 2012/06/13 10:46 PM
失敬で(笑)子煩悩なゆっきー、ばんw
シンドラー・・は古いな・・・・・
最近の映画館は、席も前後左右に広くて意外と快適です。しかもロードショー開始直後ではなく、少し日にちが経ったころの、レイトショーのひとつ前の上映が空いていてお勧めっす。ぜひお運びをw
今度は何を観ようかなぁw
  • ぶんぞう@管理人
  • 2012/06/13 11:15 PM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
激しすぎる失恋の仕返し! キレイさっぱり別れないと、こんな災厄が降りかかってしまうのだ! げに恐ろしきは女の恨み。恋の相手だけでなく、職場でも家庭でも、身の回りの女性にはご用心。ひたすらその教訓を垂れているギャグ・コメディ。お薦め作品だ。
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
  • 2012/07/21 1:01 AM